本日28日に浦和競馬場で行われる第40回浦和記念(3歳上・JpnII・ダ2000m・1着賞金3500万円)。過去10年で地方勢も4頭が勝利している中距離重賞に12頭が参戦する。

 ケイティブレイブ(牡6、栗東・杉山晴紀厩舎)は3月のドバイワールドCをせん痛により回避。実戦は1月末の川崎記念(2着)以来10か月ぶりとなる。復帰初戦のここでどのような走りを見せてくれるか。鞍上はC.スミヨン騎手の負傷により御神本訓史騎手に変更。

 デルマルーヴル(牡3、美浦・戸田博文厩舎)は現在重賞3連続2着中で、うち1戦はジャパンダートダービーでクリソベリルを相手にしてのもの。他にも兵庫ジュニアグランプリを勝利し、全日本2歳優駿と白山大賞典でも2着とダートグレード競走に実績がある。新コンビのO.マーフィー騎手と重賞2勝目を狙う。

 他にも、JBCクラシック3着のセンチュリオン(牡7、浦和・小久保智厩舎)、昨年覇者で転厩初戦のオールブラッシュ(牡7、大井・藤田輝信厩舎)、シリウスS優勝馬ロードゴラッソ(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)、登録のあるチャンピオンズCではなくこちらに出走のアナザートゥルース(セ5、美浦・高木登厩舎)らも参戦する。

 発走は15時25分。