本日25日に浦和競馬場で行われる第57回ゴールドC(3歳上・重賞・ダ1400m・1着賞金2100万円)。同舞台のダートグレード競走を制した2頭が参戦する注目の一戦となった。

 ノブワイルド(牡7、浦和・小久保智厩舎)はいずれも今回と同舞台の前々走・オーバルスプリントと3走前・プラチナCで、それぞれワイドファラオらのJRA勢、年度代表馬キタサンミカヅキら強豪を撃破。オーバルスプリントは昨年も制しているように浦和ダート1400mは通算6勝を挙げる得意舞台。前走はここで再戦となる僚馬ブルドッグボスに破れたが、さっそくのリベンジとなるか。

 ブルドッグボス(牡7、浦和・小久保智厩舎)は前々走の東京盃で2着と好走すると、今回と同舞台の前走・JBCスプリントでコパノキッキングらJRAの強豪を破り、頂点に立った。最優秀短距離馬に輝いた2017年から一転して昨年は未勝利に終わったが、今年は再び輝きを取り戻した。今回も御神本訓史騎手とのコンビで重賞連勝を狙う。

 他にも、昨年2着の重賞3勝馬バンドオンザラン(牡5、川崎・内田勝義厩舎)、JBCスプリントで3着のトロヴァオ(牡6、大井・荒山勝徳厩舎)、地方移籍初戦となるツーエムマイスター(牡7、浦和・小沢宏次厩舎)、3戦連続同舞台で連対中のアルファベット(牡5、川崎・佐々木仁厩舎)らも参戦する。

 発走は15時35分。