皐月賞(4月19日)と同じ中山芝2000mを舞台にして行われる京成杯(1月19日)。ここを目標に1週前追い切りを行った有力馬の情報をお届けしたい。

 未勝利、エリカ賞を連勝中のヒュッゲ(栗東・友道康夫厩舎)はCWコースでの3頭併せ。レースでも騎乗予定の和田竜二騎手が跨っていたが、先行するアドマイヤポラリスに追いつくまでの脚はなかなかのもの。ただ、相手も楽だったので、ゴール前ではこちらが懸命に追われて食い下がるといった形で同入か、わずかに先着してのゴール。

 時計は6F82.7〜5F66.9〜4F51.6〜3F37.6〜1F11.7秒だったが、後半のスピードは評価できる。並んでから渋太いタイプでもあり、重賞だからといって気後れするようなところはないだろう。

 京都2歳S3着のロールオブサンダー(栗東・橋口慎介厩舎)は1回目のハローが終了した時間帯のCWコースで3頭併せ。ベーリーオクルスが先頭、その次にサザンブリーズという隊列で、最後方から追走した。

 最後の直線は真ん中に入る予定だったが、先行したベーリーオクルスとの距離がかなりあり、結果的にはサザンブリーズと2頭併せ。追われてからしっかり伸びており、時計は6F82.1〜5F66.2〜4F51.3〜3F37.7〜1F12.0秒と速い数字をマークしている。

(取材・文:井内利彰)