netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がった愛知杯の「ゴールデンコンビ」はこちら。

【岡田稲男厩舎×菱田裕二騎手(リリックドラマ)】

 菱田裕二騎手は岡田稲男厩舎の所属。通常、所属厩舎との馬では騎乗数は多くなるものの、好走率や回収率の面では物足りないことが多いのだが、「岡田稲男厩舎×菱田裕二騎手」のコンビは少々様相が異なる。

「岡田稲男厩舎×菱田裕二騎手」は「直近1年」で8-2-6-39。複勝率29.1%、複勝回収率96.7%はなかなかの好成績と言えるだろう。なお、単勝回収率は196.2%と100%を大きく超えている。

「直近5年」では28-16-25-234で複勝率22.8%、複勝回収率86.7%。これでも悪くない水準だが、直近1年で一層成績を伸ばしてきているということだ。実際、直近1年で挙げた8勝のうち5勝はゴドルフィンの馬によるもの。良血馬で結果を残すことにより騎乗馬の質もアップするという好循環に入っているように見える。

 菱田裕二騎手はリリックドラマに過去10回騎乗し2勝。北斗特別、トルマリンSを逃げ切っている。今年は小倉コースで行われる愛知杯だけに、その先行力はなんとも不気味だ。