1996年の年度代表馬・サクラローレル(牡29)が24日朝に老衰のため、けい養先の新和牧場(北海道新ひだか町)で死亡したことがわかった。同牧場のフェイスブック上で発表された。

 サクラローレルは父Rainbow Quest、母ローラローラ、その父Saint Cyrienという血統、1991年5月8日生まれの栃栗毛の牡馬。デビュー時は美浦・境勝太郎厩舎の所属で、境師の定年により1997年からは主戦騎手でもあった美浦・小島太調教師の管理となった。同世代には三冠馬ナリタブライアンや女傑ヒシアマゾンがいる。

 3歳時の1994年1月にデビューし、同月の3戦目のダート戦で初勝利。同年の暮れに条件戦を連勝し、続く翌年の金杯(中山)で重賞初制覇を果たした。横山典弘騎手がすべてのレースで手綱を取った1996年には、天皇賞・春でナリタブライアンを破りGI初制覇を遂げ、年末には有馬記念も制しこの年の年度代表馬と最優秀5歳以上牡馬(当時の馬齢表記)を受賞。1997年には凱旋門賞を目標に仏遠征を行ったが、前哨戦のフォワ賞で右前脚の屈腱不全断裂を発症し8着。現役生活にピリオドを打った。

 種牡馬としては、2002年の京成杯を勝利したローマンエンパイア、2003年のフローラSを勝利したシンコールビー、2004〜05年に中長距離重賞を3勝したサクラセンチュリー、2007年のユニコーンSを勝利したロングプライド、ケイティブレイブの母ケイティローレルらの父となった。2012年に種牡馬を引退し、余生を新和牧場で過ごしていた。

※馬齢は注釈のあるもの以外は現在の表記で記載