26日、京都競馬場で行われた第37回東海S(4歳上・GII・ダ1800m)は、好位でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の2番人気エアアルマス(牡5、栗東・池添学厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、早めに動いて追い上げてきた3番人気ヴェンジェンス(牡7、栗東・大根田裕之厩舎)を1/2馬身差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分50秒2(重)。

 さらに1/2馬身差の3着に1番人気インティ(牡6、栗東・野中賢二厩舎)が入った。

 勝ったエアアルマスは、父マジェスティックウォリアー、母Nokaze、その父エンパイアメーカーという血統の米国産馬。前走の武蔵野S11着から巻き返し、重賞初制覇を飾った。また、本馬はこの勝利で2月23日に東京競馬場で行われるフェブラリーSの優先出走権を獲得した。