28日、名古屋競馬場で行われた第7回梅桜賞(3歳・牝・重賞・ダ1800m・1着賞金250万円)は、好位の内でレースを進めた佐藤友則騎手騎乗の1番人気ニュータウンガール(牝3、笠松・井上孝彦厩舎)が、直線で外に出されて脚を伸ばし、逃げ粘る4番人気ビックバレリーナ(牝3、愛知・今津博之厩舎)をゴール前で捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒4(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気エムエスオープン(牝3、愛知・竹下直人厩舎)が入った。なお、3番人気ジェネラルエリア(牝3、愛知・川西毅厩舎)はエムエスオープンと1.1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったニュータウンガールは、父スズカコーズウェイ、母サジッタ、その父ネオユニヴァースという血統。前走のライデンリーダー記念に続く重賞連勝を飾った。通算成績はこれで8戦5勝。