本日29日に川崎競馬場で行われる第69回川崎記念(4歳上・JpnI・ダ2100m・1着賞金6000万万円)。中央・地方通じて今年最初のGI/JpnIに過去3年の優勝馬など好メンバーが集結した。

 チュウワウィザード(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)は11月にJBCクラシックを制しJpnI初制覇。続くチャンピオンズCは4着に敗れたが、強敵が揃っていた中で内容自体は上々だった。距離延長に不安はなく、JpnI・2勝目の期待が掛かる。

 ケイティブレイブ(牡7、栗東・杉山晴紀厩舎)は休養明け初戦の浦和記念を完勝。重賞10勝目を挙げ、改めて地力の高さを示した。前走・東京大賞典8着から巻き返して、2018年に続く2度目の川崎記念制覇なるか。鞍上は森泰斗騎手。

 デルマルーヴル(牡4、美浦・戸田博文厩舎)は暮れの名古屋グランプリでの久々の勝利からとなる一戦。これまで全日本2歳優駿・ジャパンダートダービーで2着。JpnI初制覇が懸かる。川崎は全日本2歳優駿で経験済み。鞍上は2度目のコンビとなるO.マーフィー騎手。

 他にも、名古屋グランプリ3着から臨む重賞勝ち馬アナザートゥルース(セ6、美浦・高木登厩舎)、久々となるがジャパンダートダービーでも3着のミューチャリー(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)、昨年の本レースでJpnI初制覇を果たしたミツバ(牡6、栗東・加用正厩舎)、昨年の東京ダービー馬で地元のヒカリオーソ(牡4、川崎・岩本洋厩舎)、報知オールスターCを勝って優先出走する3年前の覇者オールブラッシュ(牡8、大井・藤田輝信厩舎)らも参戦する。

 発走は16時10分。