9日に東京競馬場で行われる東京新聞杯(4歳上・GIII・芝1600m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる8回の馬券絡みがディープインパクト。次点で4回のキングカメハメハが続き、2回がタニノギムレット、ステイゴールド、ダンスインザダーク、スペシャルウィークとなっている。

 ディープインパクト産駒は「2-5-1-17」。16年スマートレイアー、15年ヴァンセンヌの勝ち馬2頭は共に6歳時に勝利。また、1・2人気の支持を集めていた馬は「0-0-0-6」と案外な結果に終わっていることも気になる傾向だ。今年はケイアイノーテック、サトノアーサー、プリモシーン、ヴァンドギャルド、プロディガルサン(補欠1番手)の5頭が登録。

 キングカメハメハ産駒は「0-2-2-11」。3着以内に好走した4頭中3頭が1〜4人気の支持を集めており、上位人気馬は堅実ではあるものの勝ちあぐねている印象も強い。今年はクルーガー、レイエンダ、レッドヴェイロンの3頭が出走予定。上位人気と目されるレッドヴェイロンは半兄クラレントが13年の勝ち馬で、昨年は半姉レッドオルガも2着に好走していた。

 アドマイヤムーン産駒は「0-0-0-5」。同産駒からはドーヴァーが出走を予定しているが、2走前のキャピタルSでは東京新聞杯でも人気を集めそうな馬たちに先着しているだけに、馬場が渋れば侮れない。同馬の母オルダニーは伯父にDanehill Dancerがいる良血。

 除外対象ではあるものの出走が叶えばバトルプラン産駒のブレスジャーニーにも注目したい。同馬は2代母エルフィンフェザーがエアグルーヴの半妹で、近親にルーラーシップ、ドゥラメンテなどがいる血統。母の父タニノギムレットも父として17年ブラックスピネル、11年スマイルジャック、09年アブソリュートと東京新聞杯では3頭の勝ち馬を出している。