2月26日(水)に開催された新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、政府から今後2週間はイベントの中止や延期、規模縮小を要請する方針が表明された。

 北海道帯広市が主催するばんえい十勝はこれを踏まえ、2月29日(土)・3月1日(日)・2日(月)・6日(金)・7日(土)・8日(日)の開催について、無観客競馬の実施を決定した。直営場外発売所での発売も行わず、インターネットでの発売のみを実施。

 なお、2月27日(木)から3月13日(金)までは下記(■)の競馬場、直営場外発売所においての発売を中止。予定されている全てのイベントに関しても中止する。

■対象施設:帯広競馬場・北見場外発売所・旭川北彩都場外発売所・岩見沢場外発売所・釧路場外発売所・名寄場外発売所・網走場外発売所・琴似駅前場外発売所・深川場外発売所

 的中馬券の払戻し有効期限は60日間だが、閉場中の期間を延長する。

 また、ホッカイドウ競馬も2月27日(木)から3月8日(日)までの間、門別競馬場及び全道16か所の場外発売所(Aiba)における地方競馬の場外発売・払戻を取り止めることを決定した。