オジュウチョウサンが障害と平地の両GIに出走したり、先週のフェブラリーSでは芝の安田記念を制したモズアスコットが優勝したり。“二刀流”を目指すことは珍しくなくなってきています。

 今週の仁川Sにはクリンチャーが出走しますね。ここがダート初挑戦となります。

「やってみないとわからないところはありますが、馬は元気です」と担当の長谷川助手。

 昨年の秋にコンビを組んだ池添謙一騎手が今回も騎乗しますね。中間の調教でまたがりながらクリンチャーの感触を確かめていました。

「そのとき、池添騎手からは昨年の秋よりも状態が良くなっているね、と言われました。我々もそう感じています」

 父はディープスカイですし、血統的にはダートでも面白そうなかんじがします。

 宮本師は「パワーがあるしジワジワと伸びるタイプだからダートは合うと思う」と話していました。

 クリンチャーの体つきは良くなっていますし、ダートを走ることがクリンチャーにとっていい刺激になることを願います。

(取材・文:花岡貴子)