JRAは4月7日から30日まで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、地方競馬との交流競走の一部を取りやめることを発表した。

 JRAが実施する、重賞競走以外の「特指」28競走は、地方競馬所属馬が出走できない競走として実施される。忘れな草賞(阪神芝2000m)、京葉S(中山ダ1200m)、オアシスS(東京ダ1600m)などのオープン・リステッド競走も含まれる。

 また、地方競馬が実施する、ダート交流重賞競走以外の「地方競馬指定交流競走」(15競走)も、JRA所属馬が出走できない競走として実施される。

 5月1日以降の取り扱いについては、改めて発表されるとのこと。