28日、阪神競馬場で行われた君子蘭賞(3歳・牝・1勝クラス・芝1800m)は、2番手でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の3番人気ボンオムトゥック(牝3、栗東・高橋亮厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、2着の4番人気セウラサーリ(牝3、栗東・西園正都厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分48秒1(稍重)。

 さらにアタマ差の3着に11番人気ザイラ(牝3、栗東・奥村豊厩舎)が入った。なお、1番人気オーマイダーリン(牝3、栗東・河内洋厩舎)は5着、2番人気ゴールドティア(牝3、栗東・池添学厩舎)は10着に終わった。

 勝ったボンオムトゥックは、父クロフネ、母ガラアフェアー、その父ダイワメジャーという血統。休養を挟んで、12月の未勝利戦に続く2連勝を飾った。