28日、阪神競馬場で行われた第67回毎日杯(3歳・GIII・芝1800m)は、道中最後方からレースを進めた武豊騎手騎乗の2番人気サトノインプレッサ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線で内目を突いて脚を伸ばし、抜け出しを図っていた1番人気アルジャンナ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)をゴール前で捕らえ、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒9(稍重)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気ダノンアレー(牡3、栗東・安田隆行厩舎)が入った。なお、3番人気ストーンリッジ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)は6着に終わった。

 勝ったサトノインプレッサは、父ディープインパクト、母サプレザ、その父Sahmという血統。新馬戦、こぶし賞に続くデビュー3連勝で、重賞初制覇を飾った。

<毎日杯ダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます