ダノンスマッシュは昨年の夏から函館スプリントでの除外、国内情勢悪化で不安視された香港遠征、そして新型コロナウイルスの影響で競馬開催が危ぶまれる高松宮記念と、三度も自らの体調とは無関係の理由での受難を強いられています。

 そんな中、無事ここまで順調にこれているのは何よりです。

「今回は本当に馬がリラックスしている。このような困難はありますけれども、なんとか頑張って欲しいと思います」と安田師。

 安田師はもう1頭、ダイアトニックも出走させますね。デビューからしばらくは体質の弱さが目立っていましたが、ここにきてかなりしっかりしてきたようです。

「最初のうちは一度レースを使うとガタっとくるので間隔を詰めて使えませんでした。昨年の暮れあたりから馬がしっかりし出しましたね。今回は中2週ですが体調面は問題ありませんよ」

 安田厩舎といえば2012年の高松宮記念では1着がカレンチャン、3着がロードカナロア、4着がダッシャーゴーゴー、8着がトウカイミステリーと4頭すべてで賞金や出走奨励金を稼ぎ出した実績があります。やはり、この厩舎の短距離GIでの複数出しは狙わないわけにはいきません。

「ダイアトニックはGIは2回目ですが、出して恥ずかしくない状態です。2頭とも結果を残してくれると思っています」

(取材・文:花岡貴子)