長く春先に行われている古馬によるマイルレースで、以前は阪神競馬場で行われていたが、2012年から京都競馬場で行われるようになった。わずか1週間ズレただけとはいえ、使い込まれた最終週開催と、開幕週競馬という点が大きく異なる。

 なお、優勝馬には安田記念への優先出走権が付与されるレースだが、このレースをステップに安田記念に勝利したのは2012年以降では昨年のインディチャンプのみ。ただし、一昨年のモズアスコットはこのレースのあとに条件戦を使って安田記念に勝利している。

 デビュー2年目岩田望来騎手騎乗の◎ヴァンドギャルドは、過去2年連続で勝利しているディープインパクト産駒。3歳春のきさらぎ賞、毎日杯では1番人気に推された期待馬だった。アーリントンC9着のあと立て直しを図り条件戦を3連勝。前走の東京新聞杯は出遅れた上に、最後の直線では進路を切り替えざるを得なくなる不利があって6着だったが、コンマ2秒差まで差を詰めており力のあるところを見せた。岩田騎手は先週のアーリントンC2着。人馬の重賞初勝利に期待したい。

 昨年の最優秀短距離馬○インディチャンプは、もちろん有力だ。同じ京都競馬場で行われたマイルCSの優勝馬でもあり、コースの不安はない。前走の中山記念は道中やや力むようなところもあったが、初めて経験するコーナーを4回まわる競馬に対応していた。58キロは安田記念でこなしているとはいえ、予定していた香港遠征を取りやめたことと、この馬にとっての目標はまだ先にあると判断してやや評価を下げた。

 昨春のダービー卿CTの覇者▲フィアーノロマーノも十分に圏内だ。550キロの大型馬で、安田記念、マイルCSは結果を出せなかったが、父ファストネットロックは南半球の名競走馬であり、名種牡馬。スピードを武器にする血統だが、マイルは守備範囲だ。

 東京新聞杯で1番人気だった△レッドヴェイロン、シンザン記念の優勝馬△ヴァルディゼールまで。