今週はいよいよ競馬の祭典・日本ダービー。注目はやはりコントレイルだろう。デビュー無傷の5連勝で、2017年生まれのサラブレッドの頂点に立つことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/31(日) 日本ダービー(3歳・牡牝・GI・東京芝2400m)

 コントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)はデビュー無敗の4連勝で皐月賞を制覇。序盤でやや後手を踏んでしまったが、早めに動いて、最後はサリオスとの無敗のGI馬同士の競り合いを制した。2歳時に東京スポーツ杯2歳Sを圧勝しているように、東京コースへの適性は十分。父ディープインパクト以来15年ぶりの無敗の2冠制覇に向け、視界は良好だ。鞍上は引き続き福永祐一騎手。

 サリオス(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は新馬、サウジアラビアRC、朝日杯FSとデビュー3連勝。続く前走の皐月賞はコントレイルに半馬身差屈したものの、3着以下は離しており負けて強しの内容だった。今回は更なる距離延長がカギとなるが、続くD.レーン騎手とのコンビで雪辱を果たすことができるか。

 サトノフラッグ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)は皐月賞で5着に敗れたが、それ以前の3連勝の勝ちっぷりからして東京コース替わりと距離延長で見直す余地はありそう。乗り替わりは勝てないというジンクスがあるが、ダービー最多の5勝を誇る武豊騎手とのコンビでそれを覆すことができるか。

 その他、ホープフルSで3着、弥生賞ディープ記念で2着のワーケア(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)、ホープフルSで2着のヴェルトライゼンデ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)、皐月賞で3着のガロアクリーク(牡3、美浦・上原博之厩舎)、京都新聞杯を制したディープボンド(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)、重賞で惜しいレースが続くアルジャンナ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)、共同通信杯の勝ち馬ダーリントンホール(牡3、美浦・木村哲也厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。