3日、大井競馬場で行われた第66回東京ダービー(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金4200万円)は、好位でレースを進めた山口達弥騎手騎乗の9番人気エメリミット(牡3、船橋・林正人厩舎)が、直線で外目に出されて脚を伸ばし、後方から迫った5番人気マンガン(牡3、川崎・田島寿一厩舎)との競り合いを制して、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分6秒9(良)。

 さらに2馬身差の3着に4番人気ティーズダンク(牡3、浦和・水野貴史厩舎)が入った。なお、1番人気ゴールドホイヤー(牡3、川崎・岩本洋厩舎)は5着、2番人気コバルトウィング(牡3、大井・藤田輝信厩舎)は6着、3番人気ウタマロ(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)は12着に終わった。

 勝ったエメリミットは、父シンボリクリスエス、母プーカ、その父キングカメハメハという血統。前走の東京湾Cはマンガンの2着に敗れたが、この大舞台で見事逆転して重賞初制覇を飾った。通算成績はこれで12戦6勝。

 鞍上の山口達弥騎手はこれが重賞初制覇。本馬を管理する林正人調教師は2013年のインサイドザパークに続く2度目の東京ダービー制覇となった。