本日10日に川崎競馬場で行われる第56回関東オークス(3歳・牝・JpnII・ダ2100m・1着賞金3200万円)。南関東牝馬3冠の最終戦に14頭が出走する。

 セラン(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)は2月のUAEオークスで3着となり、今回はそれ以来4か月ぶりの実戦となる。ここまで、牡馬相手にプラタナス賞で2着、呉竹賞で1着など好走しており素質は高い。牝馬同士なら久々でも勝ち負けを期待したい。鞍上は武豊騎手。