本日10日に川崎競馬場で行われる第56回関東オークス(3歳・牝・JpnII・ダ2100m・1着賞金3200万円)。南関東牝馬3冠の最終戦に14頭が出走する。

 アクアリーブル(牝3、船橋・米谷康秀厩舎)は浦和の桜花賞と大井の東京プリンセス賞を制して南関東牝馬2冠を達成。今の充実ぶりなら更なる距離延長は問題なくこなせそうだ。母アスカリーブルとの関東オークス母娘制覇、そして史上2頭目の3冠達成なるか。また、前走まで本馬を管理していた佐藤賢二調教師は先月急逝。今回は米谷康秀厩舎への転厩初戦となる。