現地時間13日、アイルランドのカラ競馬場で牝馬クラシックの初戦、愛1000ギニー(G1・3歳牝・芝1600m・11頭立て)が行われた。

 先行した2番人気ピースフル(牝3、S.ヘファナン騎手)が直線半ばで先頭に立ち、後方から追い込んだディープインパクト産駒、4番人気ファンシーブルー(牝3、D.マクドノー騎手)の追撃を退け、2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分38秒19(良)。

 さらにアタマ差の3着に3番人気ソーワンダフル(牝3、W.ローダン騎手)が入り、3頭出しの同馬主(M.テイバー氏ら)が1〜3着を独占。

 調教師のオブライエン父子は父エイダン厩舎が1,3着、次男ドナカ厩舎が2着、さらに4着には長男ジョセフ厩舎のニューヨークガール(牝3、S.クロース騎手)が入った。エイダン厩舎は昨年のハモサに続く連覇で、このレース9勝目。

 昨年のマルセルブサック賞(仏G1)覇者で1番人気のアルビグナ(牝3、S.フォーリー騎手)は、伸びを欠いて6着に敗れた。

 ピースフルは父Galileo、母Missvinski、その父ストラヴィンスキーという血統。通算成績は4戦2勝。重賞初出走でのクラシック戴冠となった。

 また、Galileo産駒はこれで85頭目のG1馬誕生となり、デインヒルを抜いて新記録を樹立した。