17日にイギリスのアスコット競馬場で行われたプリンスオブウェールズS(4歳上・G1・芝1990m・7頭)は、最後方から進めたJ.ドイル騎手騎乗のロードノース(セ4、英・J.ゴスデン厩舎)が直線で脚を伸ばして抜け出し、最後は2着のアデイブ(セ6、英・W.ハガス厩舎)に3.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分5秒63(良)。

 3着には1.1/4馬身差でバーニーロイ(セ6、英・C.アップルビー厩舎)が入った。G1・2勝馬で人気のジャパン(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)は1/2馬身差の4着となった。

 ロードノースは父Dubawi、母Najoum、その父Giant's Causewayという血統。重賞初制覇となった今年初戦のブリガディアジェラードS(G3)から中9日の出走でビッグタイトルを手にした。