21日に東京競馬場で行われるユニコーンS(3歳・GIII・ダート1600m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる3回の馬券絡みがゴールドアリュールとシンボリクリスエス。2回でアグネスタキオン、ヘニーヒューズ、キングカメハメハ、クロフネが続いている。

 ゴールドアリュール産駒は「3-0-0-6」。17年サンライズノヴァ、16年ゴールドドリーム、14年レッドアルヴィス、と3頭の勝ち馬を出しているが、意外にも1人気に支持されていた馬はおらず、馬券的な妙味を兼ね備えていることも特徴と言えるだろう。今年はサトノラファールが出走予定。

 ヘニーヒューズ産駒は「1-0-1-4」。昨年は初ダートかつ他馬より重い57kgを背負っていたワイドファラオが着差以上に強い勝ち方を披露。一方で、14年アジアエクスプレスは1人気で12着に大敗するなど、当てにしづらい側面も持つ。今年はタガノビューティーが出走予定。

 上位人気と目される、カフェファラオ(父American Pharoah)、レッチェバロック(父Uncle Mo)、デュードヴァン(父デクラレーションオブウォー)は、いずれも初出走となる種牡馬の産駒。3頭ともダートでは負け知らずの逸材で、血統的な観点からもどういった結末を迎えるのか興味深い。参考までに同コースの種牡馬成績は下記の通り。

American Pharoah 「3-1-0-3」 勝率42.9%・複勝率57.1%
Uncle Mo 「0-1-2-4」 勝率0.0%・複勝率42.9%
デクラレーションオブウォー 「4-0-1-8」 勝率30.8%・複勝率38.5%