現地時間19日、イギリスのアスコット競馬場でG1・コモンウェルスC(3歳・芝直線1200m・16頭立て)が行われた。

 A.カービー騎手が騎乗したゴールデンホード(牡3、英・C.コックス厩舎)が大外から豪快に脚を伸ばし、L.デットーリ騎手騎乗のキマリ(牝3、米・W.ウォード厩舎)に1.1/2馬身差をつけて、見事なG1初制覇を飾った。勝ちタイムは1分14秒56(稍重)。

 キマリから2.1/2馬身差の3着にはベンチュラレベル(牡3、英・R.フェイヒー厩舎)が入った。

 1番人気のロペワイフェルナンデス(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)は11着、2番人気のピエールラパン(牡3、英・R.ヴェリアン厩舎)はシンガリ16着に敗れた。

 ゴールデンホードは父Lethal Force、母Entreat、その父Pivotalという血統。

 昨年のミドルパークS(英G1)2着以来の復帰戦だったが、待望のG1初制覇となった。通算成績は7戦3勝。

 コモンウェルスCは3歳限定のスプリントG1で、ロイヤルアスコット開催4日目のメイン競走だった。