2020年上半期の総決算に、GI馬8頭を中心として好メンバーが揃った。その中でもサートゥルナーリアに注目したい。昨年の皐月賞以来となるGI制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/28(日) 宝塚記念(3歳上・GI・阪神芝2200m)

 サートゥルナーリア(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)はこれまでホープフルSと皐月賞でGIを2勝。そして、強豪が揃った昨年末の有馬記念でも2着と好走している。今回は金鯱賞を快勝して以来3か月ぶりの実戦となるが、久々でも結果を出してきた馬。GI・3勝目を期待したい。鞍上はC.ルメール騎手。

 ラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)は昨秋のエリザベス女王杯で復活の勝利を飾り、その後も好調を持続。前走の大阪杯では接戦をものにして、3つ目のGIタイトルを手にした。続くM.デムーロ騎手とのコンビで、GI連勝&父オルフェーヴルとの親子制覇を狙う。

 クロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)は昨年の秋華賞馬。前走、休み明けの京都記念を制して臨んだ大阪杯は惜しくもクビ差の2着に敗れたが、勝ったラッキーライラックとはコース取りの違いもあった。ここでその雪辱なるか。鞍上は北村友一騎手。

 その他、一昨年の有馬記念などこれまで重賞5勝のブラストワンピース(牡5、美浦・大竹正博厩舎)、香港ヴァーズを制して以来となるグローリーヴェイズ(牡5、美浦・尾関知人厩舎)、昨年2着のキセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)、一昨年のダービー馬ワグネリアン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、天皇賞・春で2着のスティッフェリオ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。