7月5日に阪神競馬場で行われるCBC賞(3歳上・GIII・芝1200m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、今年は開催日割の変更に伴い阪神芝1200mにて施行されるため、2019年以降の当該コース成績をデータの集計対象とした。

 ロードカナロア産駒は「5-2-5-24」。19年セントウルS・GIIではファンタジスト(7人気2着)とイベリス(3人気3着)が好走しており、先月に行われた皆生特別・2勝クラスでも同産駒が1〜3着までを独占してみせた。同産駒からはアンヴァル、イベリス、エイシンデネブの牝馬3頭が出走予定。

 スクリーンヒーロー産駒は「1-0-0-10」。小雨降るなか稍重で行われた19年千種川特別・2勝クラスをマイネルパラディが8人気の人気薄で勝利。なお、同レースでは1人気の支持を集めた同産駒のアルジャーノンが11着と大敗しており、一概に父系だけでは良し悪しの判断が難しいようだ。同産駒からは上位人気を担うクリノガウディーが出走予定。

 ディープインパクト産駒は「1-4-2-27」。19年芦屋川特別・2勝クラスでは、ブリッツアウェイ(12人気1着)、キャスパリーグ(4人気2着)、ワールドフォーラブ(11人気3着)、と人気薄で上位を独占し、3連単約47万馬券の波乱を演出。牡馬「0-0-1-11」よりも牝馬「1-4-1-16」が優勢の傾向も見受けられる。同産駒からはディメンシオン、ミッキースピリットの2頭が出走予定。

 キングズベスト産駒は「1-1-1-7」。1〜3人気に推された馬がいないなかで健闘しており、3着以内に好走した3頭がすべて別馬であることを考慮すれば、評価に値する成績と言えるだろう。同産駒からはジョイフルが出走予定。