7月5日に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(3歳・GIII・芝1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、中山競馬場で代替開催された2011年はデータの集計対象外とした。

 過去10年で最多となる5回の馬券絡みがディープインパクト。次点で2回のマンハッタンカフェ、ステイゴールド、バゴが続く。好走馬の種牡馬として23頭が名を連ねているように、血統傾向が幅広いことも特徴と言えるだろう。

 ディープインパクト産駒は「3-1-1-4」。16年ゼーヴィント、15年アンビシャス、12年ファイナルフォームが勝ち馬となっており、昨年は同産駒として唯一の出走を果たしたゴータイミングが6人気3着。なお、3着以内に好走した5頭すべてが前走で上り3F1位を記録していた。今年はディープキングが出走予定。

 また、キズナ産駒として初出走を迎えるルリアンはディープインパクトの孫世代(キメラヴェリテは回避)。父キズナは17年セダブリランテス、16年ゼーヴィントと同牝系という点でも注目に値する種牡馬となりそうだ。

 ネオユニヴァース産駒は「0-1-0-5」。16年ダイワドレッサーは牝馬ながら2着に好走。昨年、孫世代となるヴィクトワールピサの産駒が勝利していたことを踏まえれば、初勝利に手が届いても何ら不思議ない種牡馬と言えるだろう。今年はサクラトゥジュールが出走予定。

 ルーラーシップ産駒は「0-0-0-2」。未だ好走例こそないものの、2頭とも二桁人気馬ということもあり、一概に適性がないとは言い切れない。なお、同産駒のフェアリーポルカは同コースで行われた20年福島牝馬Sを制している。今年は上位人気と目されるパラスアテナほか、アルサトワが出走予定。