現地時間5日、イギリスのサンダウン競馬場で行われたエクリプスS(GI・芝1990m・7頭)は、先手を取ったW.ビュイック騎手騎乗の2番人気ガイヤース(牡5、英・C.アップルビー厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、道中5番手追走から脚を伸ばした1番人気エネイブル(牝6、英・J.ゴスデン厩舎)に2.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分4秒48(良)。

 さらにアタマ差の3着に3番人気ジャパン(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が入った。4番人気ディアドラ(牝6、栗東・橋田満厩舎)は道中3番手を追走するも、5着に終わった。

 勝ったガイヤースは、父Dubawi、母Nightime、その父Galileoという血統。前走のコロネーションCに続くGI連勝を飾った。通算成績はこれで11戦8勝(GI・3勝)。

※人気は日本国内のもので表記しています。