JRAで行われる1400m以下のダート重賞は、プロキオンSと根岸S、そしてカペラSの3つしかなく、夏に行われるのはこのプロキオンSだけ。マイル以下を主戦場とするダート馬にとっての数少ない目標レースであり、GIIIと言えども例年メンバーは揃う。

1.上がりが必要

 15年1月から先週までに行われた古馬混合の阪神ダート1400m戦207回中、上がり3ハロン6位以下だった馬が勝利したのは32回だけ。対して上がり1・2位は91勝をあげている。また、96年〜10年までに阪神で14回行われたプロキオンSの結果を見ても、勝ち馬14頭中11頭は2位以内の上がりを使っていた。

2.後方一気は難しい

 15年1月から先週までに行われた古馬混合の阪神ダート1400m戦で、4角10番手以下だった馬は[21-40-45-1022]。勝率1.9%、複勝率9.4%しかない。上がりが要求されると言っても、後方でじっくり溜める競馬がハマりやすいわけではなく、ある程度の位置に付ける必要がある。

3.活躍する種牡馬

 15年1月以降に行われた阪神ダート1400mにおける古馬混合オープン戦の成績を、種牡馬の着別度数順に見てみると、上位はエンパイアメーカー、サウスヴィグラス、シニスターミニスター、カジノドライヴと米国産の種牡馬が続く。他のダート短距離戦に違わず父サンデー系は苦戦気味で、ブラックタイド、ゴールドアリュール、アドマイヤオーラの産駒がそれぞれ1勝をあげているだけで、他は勝ち切れていない。


 スマートダンディーはオープン入りして以降、不利があった霜月S以外は大崩れせず走っており、この阪神ダート1400mでもオープンとリステッドで計3勝している。前走の天保山Sは6着に敗れたが、59kgの斤量を考えれば見直す余地は十分。また、元々叩いて良くなるタイプであるから、前走を使っての上積みにも期待できるだろう。