12日にフランスのドーヴィル競馬場で行われるジャンプラ賞(3歳牡牝・G1・芝1400m)の枠順が確定した。11頭で争われる。

 ジャンプラ賞は2005年から1600mで行われてきたが、昨年から1400mに短縮された3歳限定のG1。その昨年は年明け以降勝ち星がなかった2018年の欧州2歳王者トゥーダーンホットが実績のある距離で勝利した。

 昨年の欧州2歳王者ピナトゥボは4番枠に入った。今シーズンは1600mで勝ち切れないレースが続いているが、4戦無敗の1400mに短縮して復活を期す。鞍上はW.ビュイック騎手。

 仏2000ギニー(G1)3着のアルソンは10番枠に入った。昨年の凱旋門賞を制したP.ブドー騎手×A.ファーブル厩舎のコンビでG1・2勝目を狙う。

 今シーズン初戦のジャージーS(G3)を制して臨むモラザムは2番枠に入った。鞍上はデビュー以降コンビを組み続けるJ.クローリー騎手。

 そのほか前走・テクサニタ賞(G3)を制して臨むウッディドは8番枠、仏1000ギニー(G1)4着で、唯一の牝馬となるトロップボーは3番枠に入った。

 大手ブックメーカー『William Hill』のオッズでは、ピナトゥボが単勝1.67倍で断然の1番人気。続いてモラザムが8.00倍で2番人気、ウッディドが8.50倍で3番人気となっている。

 発走予定時刻は日本時間12日23時25分(現地時間12日16時25分)。

【出走馬】
※1段目:馬番-ゲート番 馬名 斤量 性齢
※2段目:騎手、厩舎
※3段目:着度数 前走成績

1-2 モラザム 58kg 牡3
J.クローリー騎手、R.ヴェリアン厩舎
[3-1-0-1] 20.ジャージーS(英G3)1着

2-8 ウッディド 58kg 牡3
C.スミヨン騎手、F.グラファール厩舎
[2-2-1-0] 20.テクサニタ賞(仏G3)1着

3-10 アルソン 58kg 牡3
P.ブドー騎手、A.ファーブル厩舎
[4-1-1-1] 20.仏2000ギニー(仏G1)3着

4-11 ロペワイフェルナンデス 58kg 牡3
I.メンディザバル騎手、A.オブライエン厩舎
[2-1-2-2] 20.コモンウェルスC(英G1)11着

5-4 ピナトゥボ 58kg 牡3
W.ビュイック騎手、C.アップルビー厩舎
[6-1-1-0] 20.セントジェームズパレスS(英G1)2着

6-7 ウェルオブウィズダム 58kg 牡3
J.ドイル騎手、C.アップルビー厩舎
[4-2-1-2] 20.ハンデ戦1着

7-1 ケンウェイ 58kg 牡3
T.バシュロ騎手、F.ロッシ厩舎
[3-3-1-4] 20.ポールドムーザック賞(仏G3)2着

8-9 アリゾナ 58kg 牡3
R.ムーア騎手、A.オブライエン厩舎
[2-2-1-4] 20.セントジェームズパレスS(英G1)6着

9-6 キンロス 58kg 牡3
H.ベントレー騎手、R.ベケット厩舎
[1-0-0-2] 20.2000ギニー(英G1)6着

10-5 マロトゥル 58kg 牡3
A.アッゼニ騎手、M.ボッティ厩舎
[3-1-0-2] 20.パヴィリオンS(英G3)2着

11-3 トロップボー 56.5kg 牝3
M.バルザローナ騎手、A.ファーブル厩舎
[4-0-1-2] 20.仏1000ギニー(仏G1)4着