サマーマイルシリーズ第2弾。例年中京開催の最終週に行われるが、今年は阪神開催の最終週に行われる。例年より長い開催であることに加え、これまでの雨の影響も大きく受けた馬場状態で行われるため、タフな一戦になることが予想される。

1.高齢馬は不振

 15年1月から先週までに行われた阪神芝1600mの古馬混合オープン戦の成績を年齢別にみてみると、7歳以上の馬は[0-0-2-62]で複勝率3.1%と不振。3〜6歳はいずれも複勝率20%を超えているのに対し、一気に成績が悪くなる。

2.先行馬が中心

 15年1月から先週までに行われた阪神芝1600mの古馬混合オープン戦の成績を4角の位置取り別で見てみると、4角5番手以内の馬は複勝率30%を超えており、単勝回収率も100%を超えている。また、先週までにBコースで行われた3週間の全芝レースでも、4角5番手以内の馬は複勝率35.7%に上る。

3.活躍する種牡馬

 15年1月から先週までに行われた阪神芝1600mの古馬混合オープン戦の成績を種牡馬の着別度数別にみてみると、上からディープインパクト、ステイゴールド、アドマイヤムーン、ダイワメジャーと続く。これらは単に出走数が多いということもあるが、ディープインパクト、ステイゴールド、アドマイヤムーンは複勝回収率が100%超で、ステイゴールド、アドマイヤムーンは単勝回収率も100%を優に超えている。


 ソーグリッタリングは今年に入ってから勝ち切れていないが、内を通った馬が上位を独占した京都金杯で唯一外から伸びて4着、レコードまで0秒1という高速決着となったメイSで2着、ドロドロの不良馬場だったエプソムCでも2着と、馬場・コースを問わず高いレベルで安定した走りを続けている。今回の阪神マイルも問題なく、そろそろ惜敗続きにピリオドを打ちたいところ。