現地時間4日のオークス(英G1)を9馬身差で圧勝したラヴ(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)は、8月20日のヨークシャーオークス(英G1)から、10月4日の凱旋門賞(仏G1)へ向かうことがわかった。英競馬メディア『Racing Post』などが13日、報じた。

 ラヴは父Galileo、母Pikaboo、その父Pivotalという血統。オークスの前は1000ギニー(英G1)を制している英二冠牝馬。通算成績は9戦5勝。

 エネイブル(牝6、英・J.ゴスデン厩舎)が2着に敗れたエクリプスS(英G1)の結果も受け、欧州ブックメーカー各社は現在ラヴを、単勝4倍台の1番人気としている。