19日に阪神競馬場で行われる中京記念(3歳上・GIII・芝1600m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、今年は開催日割の変更に伴い阪神芝1600mにて施行されるため、2019年以降の当該コース成績をデータの集計対象とした。

 ディープインパクト産駒は「24-17-18-91」。直近1年の勝利数では2位に18勝差をつけており、特別戦に限定した場合も10勝を挙げる活躍をみせている。他より一歩抜き出た成績を残しているが、勝利した延べ24頭はいずれも1〜5人気に支持されていたことも覚えてきたい。同産駒からはエントシャイデン、ケイアイノーテック、ディメンシオンの3頭が出走確定。

 オルフェーヴル産駒は「1-1-4-31」。勝ち馬こそ2勝クラスの平場戦を制したアンドラステに限られるが、複勝回収率は138%とプラス収支を記録。重賞成績は「0-1-0-2」とサンプルが少ないものの、唯一の好走例が今回出走するギルデッドミラー(20年アーリントンC・2着)でもあり、種牡馬としての真価を問われることになりそうだ。

 ステイゴールド産駒は「1-0-1-18」。こちらも直仔オルフェーヴルと同様に好走率自体は強調できる成績残していない。ただし、今回出走するソーグリッタリングは19年六甲Sを制しており、直近1年における唯一の産駒としての勝ち馬でもある。

 ロードカナロア産駒は「6-4-8-65」。離されてはいるものの、勝利数ではディープインパクトに次ぐ成績を残しており、特別競走ではダイワメジャー、ハーツクライ、エピファネイアを上回り単独2位となる。二桁人気馬が2勝を挙げる意外性も秘めており、ぞんざいには扱えない種牡馬と言えるだろう。同産駒からはトロワゼトワル、ペプチドバンブー、レッドレグナントの3頭が出走予定。