26日にアイルランドのカラ競馬場で行われるタタソールズゴールドC(3歳以上・G1・芝2000m)の枠順が確定した。6頭で争われる。

 毎年5月下旬に行われる4歳以上のG1だが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で約2か月遅れの開催となり、今年に限り3歳馬も出走可能となった。

 昨年の勝ち馬で、G1を5勝しているマジカルは大外6番枠に入った。昨シーズンの英チャンピオンS(英G1)、今シーズン初戦のプリティポリーS(愛G1)とG1を2連勝中。昨年はR.ムーア騎手を背に7馬身差の圧勝だった。今回は18年凱旋門賞(仏G1)以来の騎乗となるW.ローダン騎手。

 今回と同コースであるアレッジドS(愛G3)を制して臨むバックハーストは最内1番枠に入った。これがG1初挑戦となる。鞍上は初コンビとなるD.マクドノー騎手。

 そのアレッジドSでバックハーストの2着だったサードラゴネットは3番枠に入った。鞍上は、こちらも初コンビとなるE.マクナマラ騎手。

 マジカルとサードラゴネットは25日にイギリスのアスコット競馬場で行われるキングジョージVI世&クイーンエリザベスS(G1・芝2390m)にも登録していた。

 大手ブックメーカー『William Hill』のオッズでは、マジカルが単勝1.3倍で断然の1番人気。続いて同厩のアーモリーが9.5倍で2番人気、バックハーストとレオデフューリーが11.0倍で3番人気タイとなっている。

 発走予定時刻は日本時間22時55分(現地時間14時55分)。

【出走馬】
※1段目:馬番-ゲート番 馬名 斤量 性齢
※2段目:騎手、厩舎
※3段目:着度数 前走成績

1-1 バックハースト 62.5kg 牡4
D.マクドノー騎手、J.オブライエン厩舎
[4-3-0-1] 20.アレッジドS(愛G3)1着

2-4 レオデフューリー 62.5kg 牡4
S.フォーリー騎手、J.ハリントン夫人厩舎
[3-1-0-3] 20.ムーアズブリッジS(愛G2)1着

3-3 サードラゴネット 62.5kg 牡4
E.マクナマラ騎手、A.オブライエン厩舎
[2-3-0-3] 20.アレッジドS(愛G3)2着

4-6 マジカル 61kg 牝5
W.ローダン騎手、A.オブライエン厩舎
[10-6-0-6] 20.プリティポリーS(愛G1)1着

5-5 サーチフォーアソング 61kg 牝4
O.オーア騎手、D.ウェルド厩舎
[3-1-0-3] 20.ミュンスターオークスS(愛G3)競走中止

6-2 アーモリー 58.5kg 牡3
P.ベギー騎手、A.オブライエン厩舎
[3-2-2-1] 20.愛2000ギニー(愛G1)4着

※斤量はlbs(ポンド)をkg(キログラム)に換算。