25日のキングジョージVI世&クイーンエリザベスS(英G1)の結果を受け、英ブックメーカー『bet365』など欧州ブックメーカー各社はエネイブル(牝6、英・J.ゴスデン厩舎)を再度、現時点の凱旋門賞(仏G1)単勝オッズ1番人気とした。

 エネイブルが2着だった5日のエクリプスS(英G1)終了時点で1番人気に立ったラヴ(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)は2番人気に後退。そのエクリプスSを制したガイヤース(牡5、英・C.アップルビー厩舎)が3番人気で続く。

 また、先の時点では日本馬最上位人気だったアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は発売の候補から消え、日本馬は単勝21.0倍のデアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)と、グローリーヴェイズ(牡5、美浦・尾関知人厩舎)が最上位となっている。

『bet365』による、凱旋門賞上位人気の単勝オッズは下記の通り。

3.5 エネイブル
4.0 ラヴ
9.0 ガイヤース
13.0 サーペンタイン
15.0 ソットサス
15.0 ヴィクタールドラム
15.0 ミシュリフ
17.0 ロジシャン
17.0 ジャパン
17.0 ストラディヴァリウス
17.0 タキール