現地時間8日、アメリカのサラトガ競馬場でG1・バレリーナS(3歳上牝・ダ1400m・7頭立て)が行われた。

 ハナを切った2番人気セレンゲティエンプレス(牝4、L.サエス騎手)が直線で後続を突き放し、中団から末脚を伸ばし迫る1番人気ベラフィナ(牝4、J.オルティス騎手)の追撃を1馬身差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分21秒63(良)。

 ベラフィナから1.1/2馬身差の3着には、後方から内を突いて脚を伸ばした6番人気ヴィクティムオブラヴ(牝4、J.レスカーノ騎手)が入った。

 セレンゲティエンプレスは、父はフォーティナイナー系のAlternation、母Havisham、その父Bernardiniという血統。アメリカのT.アモス厩舎の管理馬。

 昨年のケンタッキーオークス(米G1)以来のG1制覇で、重賞はほかに今年のアゼリS(米G2)、昨年のレイチェルアレクサンドラS(米G2)、2018年のポカホンタスS(米G2)を制している。通算成績は17戦7勝。