2018年の皐月賞(GI)を制したエポカドーロ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)は、21日付で競走馬登録を抹消された。今後は北海道日高郡新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となる予定。

 エポカドーロは父オルフェーヴルの初年度産駒で、母ダイワパッション、その父フォーティナイナーという血統。一口馬主クラブのユニオンオーナーズクラブで、総額4500万円(1口9万円)で募集された。

 2017年10月の2歳新馬戦でデビューし、翌年1月の2戦目で勝ち上がり。スプリングS(GII)の2着で優先出走権を獲得した皐月賞で7番人気ながら優勝し、父に産駒クラシック初制覇を届けた。

 通算成績は10戦3勝、生涯獲得賞金は2億7636万4000円。2019年の大阪杯(GI・10着)がラストランとなった。