23日、札幌競馬場で行われた第56回札幌記念(3歳上・GII・芝2000m)は、中団で脚を溜めていった横山典弘騎手騎乗の2番人気ノームコア(牝5、美浦・萩原清厩舎)が、直線で外に出されて前の各馬を差し切り、直後から伸びた6番人気ペルシアンナイト(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒4(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に、一旦は先頭に立っていた1番人気ラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。なお、3番人気ポンデザール(牝5、美浦・堀宣行厩舎)はラッキーライラックと1.1/4馬身差の4着に終わった。

 勝ったノームコアは、父ハービンジャー、母クロノロジスト、その父クロフネという血統。久々の2000mを問題なくこなし、昨年10月の富士S以来通算4度目の重賞制覇を果たした。

<札幌記念ダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます