「セレクションセール2020」が24日、北海道新ひだか町の北海道市場で新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催された。

 選び抜かれた1歳馬223頭が上場され(2頭欠場)、184頭が落札。売却率は昨年の83.47%を僅かに下回る82.51%だったが、売上総額は昨年を4億円近く上回る32億6300万円(以下、金額は全て税抜で表記)と好結果に終わった。

 4000万円以上の高額落札馬は10頭。最高落札額となったのが「キルシュワッサーの2019」(牡、父ドゥラメンテ)。レッツゴードンキなどの馬主で知られる廣崎利洋HD(株)が7200万円で落札。なお、この金額はセレクションセール歴代第2位の高額馬となる。

 2番目の高額馬は6000万円の「スマッシュハートの2019」(牡、父キズナ)を寺田 千代乃氏が、3番目の高額馬は5800万円で今回上場された唯一のディープインパクト産駒「ティズウインディの2019」(牝、父ディープインパクト)を石川 達絵氏が落札している。