4日間で1148頭の上場が予定されている競走馬市場「2020北海道市場サマーセール」の2日目が26日、北海道新ひだか町の北海道市場で新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催された。

 2日目の26日は1歳馬273頭が上場され(欠場23頭)、うち200頭(牡馬112頭、牝馬88頭)が落札。売却総額12億6940万円(以下、金額は全て税抜で表記)で、売却率は73.26%、平均価格は約635万円だった。

 最高価格馬は先日の函館記念で3着と好走したバイオスパーク、2015年関東オークス2着ポムフィリアの半弟「ナナヨーティアラの2019」(牡、父ハーツクライ)、4800万円で(有)ビッグレッドファームが落札。

 2009年フラワーC優勝馬ヴィーヴァヴォドカが叔母にいる「トウカイファインの2019」(牡、父ミッキーアイル)が2番目の高額馬で、(株)カナヤマホールディングスが2500万円で落札した。

 今年のサマーセールは8月28日まで北海道市場で行われる。