27日、川崎競馬場で行われた高津オープン(4歳上・OP・ダ2000m)は、先手を取った吉留孝司騎手騎乗の2番人気ジョースターライト(牡7、浦和・小久保智厩舎)が途中から大逃げの形となり、直線でも脚色衰えず1番人気で同厩のチェスナットコート(牡6、浦和・小久保智厩舎)に6馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分10秒2(稍重)。

 4馬身差の3着には3番人気サイドチェンジ(牡6、川崎・山崎裕也厩舎)が入った。4番人気エルゼロ(セ7、川崎・山崎裕也厩舎)は7着、5番人気ディアドムス(牡8、川崎・山崎裕也厩舎)は4着だった。

 ジョースターライトは父ロージズインメイ、母ジョーアラマート、その父キングヘイローという血統。移籍3戦目で南関東初勝利を挙げた。