4日間で1148頭の上場が予定されていた競走馬市場「2020北海道市場サマーセール」の4日目が28日、北海道新ひだか町の北海道市場で新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催された。

 最終日となる28日は1歳馬241頭が上場され(欠場21頭)、うち194頭(牡馬114頭、牝馬80頭)が落札。売却総額は11億4820万円(以下、金額は全て税抜で表記)で、売却率は80.49%、平均価格は約592万円だった。

 最高価格馬は兄にJRA2勝のフレッシビレ、近親に米G1・4勝のEscenaがいる「デラモーレの2019」(牡、父エピファネイア)を3000万円で永井商事(株)が落札。

 2番目の高額馬は2代母に日米で重賞勝ちを収めたフェスティバルがいる「サトノハニーの2019」(牡、父ドレフォン)を2100万円でこちらも永井商事(株)が落札した。