30日、水沢競馬場で行われた第46回ビューチフルドリーマーC(3歳上・牝・重賞・ダ1900m・1着賞金400万円)は、3番手でレースを進めた高松亮騎手騎乗の3番人気アッキー(牝7、川崎・林隆之厩舎)が、2周目3〜4コーナーで先頭に立って後続を突き放し、最後は後方から伸びた2番人気クオリティスタート(牝6、北海道・角川秀樹厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒4(稍重)。

 さらにクビ差の3着に6番人気アンバラージュ(牝4、佐賀・真島元徳厩舎)が入った。なお、1番人気クレイジーアクセル(牝5、大井・渡辺和雄厩舎)は6着に終わった。

 勝ったアッキーは、父ゼンノロブロイ、母ロキロキ、その父プレミアムサンダーという血統。6月の園田・六甲盃に続く重賞2勝目を飾った。通算成績はこれで40戦6勝。