2日、川崎競馬場で行われた第17回スパーキングサマーC(3歳上・重賞・ダ1600m・1着賞金1400万円)は、中団でレースを進めた伊藤裕人騎手騎乗の1番人気グレンツェント(牡7、大井・藤田輝信厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、2着の7番人気リッカルド(セ9、船橋・佐藤裕太厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分39秒6(重)。

 さらにクビ差の3着に2番人気トロヴァオ(牡7、大井・荒山勝徳厩舎)が入った。なお、3番人気ハルディネロ(牡4、大井・荒山勝徳厩舎)はトロヴァオから1馬身差の4着に終わった。

 勝ったグレンツェントは、父ネオユニヴァース、母ボシンシェ、その父Kingmamboという血統。中央では2016年のレパードS、17年の東海Sを制しており、地方移籍後では今年5月の川崎マイラーズに続く重賞制覇となった。通算成績はこれで28戦8勝(重賞4勝)。