5日、新潟競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1400m・18頭)は、好位でレースを進めた内田博幸騎手騎乗の9番人気ニシノリース(牝2、美浦・土田稔厩舎)が、直線に入って抜け出し、2着の3番人気アウトレイジング(牡2、美浦・岩戸孝樹厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分24秒5(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に7番人気タイセイルージュ(牝2、美浦・伊藤大士厩舎)が入った。なお、1番人気アイアゲート(牝2、美浦・田中博康厩舎)は4着、2番人気アメリカンマッハ(牡2、栗東・藤岡健一厩舎)は5着に終わった。

 勝ったニシノリースは、父ロードアルティマ、母ニシノヒナギク、その父アグネスタキオンという血統。半兄に重賞2勝を挙げているニシノデイジーがいる。