サブノジュニアら好メンバーが揃った晩夏のスプリント重賞。サブノジュニアの重賞初Vなるか。それを阻止する馬が出てくるか。主な出走馬は以下の通り。

■9/8(火) アフター5スター賞(3歳上・SIII・大井ダ1200m)

 サブノジュニア(牡6、大井・堀千亜樹厩舎)はここと同条件のオープンを好時計で2連勝中。春に東京スプリントで2着しているように、重賞を勝つだけの能力があるのは確かで、絶好の最内枠を引いたことで待望のタイトル獲得を目指す。

 カプリフレイバー(牡3、船橋・稲益貴弘厩舎)は優駿スプリントを逃げて快勝。デビューしてから崩れたのが1600mの一戦だけで、1200m以下では5戦5勝と抜群の安定感を誇っており、古馬との初対決となるここでも好走の期待が掛かる。

 キャンドルグラス(牡6、船橋・川島正一厩舎)は1月の船橋記念で待望の重賞初制覇。以降も東京スプリントで3着、習志野きらっとスプリントで2着と好走を続けている。今回は58kgの斤量がカギとなるが、克服して重賞2勝目なるか。

 ブロンディーヴァ(牝3、川崎・内田勝義厩舎)は昨秋にローレル賞を勝った実績を持つ3歳牝馬。近走は距離を短くして巻き返してきており、前走のトライアルでは接戦をものにしてみせた。相手は強くなるが、51kgの軽斤量でどこまで食い下がれるか注目。

 その他、前走で大井1000mのレコードを更新したクルセイズスピリツ(牡5、大井・荒井朋弘厩舎)、習志野きらっとスプリントで3着のフランシスコダイゴ(牡5、浦和・小久保智厩舎)、近走安定しているメモリーメンヒル(牡5、大井・庄子昭彦厩舎)なども上位争いの圏内。

 発走は20時10分。

■調教追い切り動画