11月3日にオーストラリアのフレミントン競馬場で行われるメルボルンC(G1・芝3200m)の登録馬175頭の、現時点のハンデが発表された。

 昨年の英ダービー覇者アンソニーヴァンダイクが58.5kgを背負い、単独のトップハンデ。

 昨年のジョージメインSなど豪G1・3勝のアヴィリオス、昨年の愛ダービー覇者ソヴリン、昨年のメルボルンC覇者ヴァウアンドディクレアが次位の57.0kg。

 前走で愛リステッド競走を圧勝したマスターオブリアリティ、欧州で重賞3勝のテレキャスターが56.0kgで続いている。

 ハンデ55.0kg以上の登録馬は下記のとおり。

58.5kg
アンソニーヴァンダイク(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)

57.0kg
アヴィリオス(セ6、豪・J.カミングス厩舎)
ソヴリン(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)
ヴァウアンドディクレア(セ5、豪・D.オブライエン厩舎)

56.0kg
マスターオブリアリティ(セ5、愛・J.オブライエン厩舎)
テレキャスター(牡4、英・H.モリソン厩舎)

55.5kg
リーガルパワー(セ5、豪・G&A.ウィリアムズ厩舎)
サードラゴネット(牡4、豪・C.マー&D.ユースタス厩舎)
トワイライトペイメント(セ7、愛・J.オブライエン厩舎)

55.0kg
バックハースト(牡4、愛・J.オブライエン厩舎)
ミラージュダンサー(牡6、豪・T.バスティン&N.ヤング厩舎)
ムスタジアー(セ7、豪・K.リース厩舎)
ストラタム(セ7、愛・W.マリンズ厩舎)
ヴェリーエレガント(牝5、豪・C.ウォーラー厩舎)

※馬齢は北半球基準で表記。