本日9日に大井競馬場で行われる第57回東京記念(3歳上・重賞・ダ2400m・1着賞金3200万円)。2400mの長丁場となる一戦に豪華メンバーが集結した。

 ホーリーブレイズ(牡6、大井・福永敏厩舎)はJRAではオープンまで出世。前走が南関東転入初戦となる東京記念トライアルで、その一戦を2.6秒もの大差をつける圧巻の勝利。長距離への適性を発揮した。15時30分現在、単勝オッズは1.4倍と断然の支持を得ている。

 ストライクイーグル(牡7、大井・藤田輝信厩舎)は昨年の本レース覇者。今年もブリリアントC・大井記念と中距離以上の重賞を連勝し、続く帝王賞ではJRA強豪を相手に1.2秒差の8着となった。連覇なるか。

 他にも、国内最長距離ダート重賞・金盃を制したGI馬サウンドトゥルー(セ10、船橋・佐藤裕太厩舎)、昨年道営三冠を達成し前走で久々の勝利を挙げたリンゾウチャネル(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)、トライアルで2着のトーセンブル(牡5、船橋・山中尊徳厩舎)、移籍3戦目となるJRA芝重賞実績馬チェスナットコート(牡6、浦和・小久保智厩舎)らも参戦する。

 発走は20時10分。