netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がったセントウルSの「ゴールデンコンビ」はこちら。

【森田直行厩舎×斎藤新騎手(ラブカンプー)】

「森田直行厩舎×斎藤新騎手」の「直近5年」成績は1-1-3-13で複勝率27.8%、複勝回収率285.0%。好走率はそれほど高くないが、そもそも18回の機会に4番人気以内に支持された例は無く、人気薄での騎乗がほとんどだった。5回の馬券絡みは、13番人気、5番人気、10番人気、10番人気、6番人気で、複勝回収率285%も納得の数字。人気薄でこそ怖い「ゴールデンコンビ」だと言える。また5頭中4頭が牝馬で、森田直行調教師が管理馬の特徴を把握した上で斎藤新騎手を起用している様子も窺える。

 ラブカンプーに斎藤新騎手は過去2回騎乗して1-0-0-1という成績。3走前のCBC賞で復活へと導いたのが斎藤新騎手で、その時以来の手綱となる。ハナさえ切れれば一変が見込める実力馬で、今回のメンバーなら枠順次第では十分にハナが見込めそう。大穴コンビの波乱演出に期待したい。