現地時間13日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われたフォワ賞(4歳上・GII・芝2400m)は、先手を取ったM.バルザローナ騎手騎乗のアンソニーヴァンダイク(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が、そのまま直線に入って、2番手から迫るストラディバリウス(牡6、英・J.ゴスデン厩舎)を振り切り優勝した。勝ちタイムは2分33秒27。

 3着にはチェコ調教馬ナガノゴールド(牡6、捷・V.ルカ厩舎)が入った。

 勝ったアンソニーヴァンダイクは、父Galileo、母Believe'N'Succeed、その父Exceed and Excelという血統。